東京都豊島区目白 目白ポセンシアクリニック 美容整形,二重,目頭切開

目白ポセンシアクリニック-自然に、美しく-
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
 

目白ポセンシアクリニックインタビュー2

Q.美容外科医になろうと思われたきっかけはございますか?

 

A.小さい頃から会社の為に働くのでなく、人の役に立つ
仕事をしたいという意識が強かったです。
美容整形は患者様の未来に影響を与えられる仕事だと思い、
美容外科医を目指しました。
もう美容外科医になってからは20年近く経ちます。

 

Q.永久先生が得意とされている施術、
ユーザー様におすすめしたい施術はございますか?

 

A.目もとの治療を全般的に得意としておりますが、
その中でも特に4つあります。
1つ目は、Z法、W法など様々な術式を使い分け、
患者様のご希望の形に近づける「目頭切開」。
手術中に鏡で患者様ご自身にご確認いただいておりますが、
これを他のクリニックでやっている所は私が知る限りありません。
また、傷がとても小さく、回復が早いのでおすすめです。

 

2つ目は、絶対に腫れを少なくし、ダウンタイムを
短くしたいという方のために開発した「シークレット埋没法」。
腫れがわずかで表面には針の穴の分の傷しか残らないので、
ご希望の方にはその日のうちから化粧が可能です。
また、糸の結び目をまぶたの裏側に持ってくるため、
埋没法にありがちな表面から糸の結び目が
ポコッと目立つこともありません。

 

3つ目は、目ヂカラのあるぱっちりとした二重にしたい方に
「目ヂカラアップ埋没法」をおすすめしております。
40代、50代の方で瞼の筋肉が弱って目の開きが悪く
眠そうな目になってしまった方にも好評ですが、
若い女性で、目ヂカラを出して魅力的な
目元の印象にしたい方にも人気の施術になります。

 

そして最後に一番おすすめなのが、当院オリジナルの
「プレミアムコース」になります。
腫れや内出血を少なくし、出来るだけ早く
社会復帰できるように様々な工夫をしています。
例えば、超極細の針で麻酔することにより、
痛みがほとんどなくなります。
針は数字が大きくなるほど細くなります。
一般外科で麻酔に使われるのが23G、
通常の美容クリニックで使われるのが30Gです。
当院ではスタンダードコースでも32Gと通常の
クリニックより細い針を使っていますが、
プレミアムコースでは34Gとさらに細い針を使っています。
また、術後に当院オリジナルの点滴や漢方薬を処方しています。

 

通常、腫れを少なくするための点滴には
ステロイドを使用しますが、ステロイドは患者も
医師も嫌がる方が多く、ほとんど使われません。
当院ではステロイドは一切使用しないで、
独自の点滴を行っています。
これは、私がドイツに行った時にドイツ人の
医師から教えて頂きました。
細い針を使ったり、点滴を行って腫れを少なくする
コンビネーション治療を行っているのは
私の知る限りでは当院だけです。

 

また、細かいニュアンスを気にする患者様は、
しっかりと術前に打ち合わせしていても
術後違うと言って来る方がいらっしゃいます。
これはどこの美容クリニックでも最も多い
医療トラブルですが、プレミアムコースでは
術後3か月以内に一度無料で再手術を受ける権利を
つけていますので、このような医療トラブルを防ぎ、
ご希望に近い仕上がりにできます。

 

このように、出来る限り短いダウンタイムで、
痛みを最小限にし、アフターケアを充実させているのが、
プレミアムコースになります。
そのため、特に切開法の二重の手術では、
プレミアムコースでお受けいただくことをおすすめしております。

 

通常のクリニックで二重の切開法は、ダウンタイムが
1ヶ月以上かかってしまうところが多いので、
医師も患者様自身も切開法を敬遠してしまう方が
いらっしゃいますが、当院では目立つ腫れは
1~2週間もあれば引いてしまうので切開法の
二重形成の症例がすごく多いのが特徴です。
それは、先程もお話したように、腫れが少なく、
自然な仕上がりにできるからだと自信を持って言えます。

 

本来、日本人(東洋人)は西洋人に比べて
まぶたが厚いので、埋没法ではずれて
一生のうちに何度も手術を繰り返す人が多いですが、
切開法を行うことで何度も手術を繰り返す必要がなくなります。
手術方法の選択についてはケースバイケースに
なりますので、カウンセリング時に
詳しくお話しさせていただいています。

 

Q.永久先生が、カウンセリングや施術の際に
気をつけていることはありますか?

 

A.まず、患者様の話をしっかりと聞くことです。
医師がカウンセリングの時間をしっかり取って
相談に乗ってくれるところは少ないと思います。
時間を取るクリニックでも、医師が専門的な
知識を一方的に話すだけになることが多いようです。
心理学のテクニックを使い、患者様の頭の中で
まだあいまいな希望や悩みをどう解決していくのか、
しっかりとヒアリングしながら具体的な
解決法に落とし込んでいくことは
チャンク・ダウンと呼ばれていますが、
このチャンク・ダウンを行っています。

 

私は、学生時代から心理学に興味があり、
カウンセリングの技術をずっと勉強してきました。
患者様のお話をしっかりと聞く事が一番大切だと考えております。

 

当院に他院で受けた手術の仕上がりが良くないと
相談に来られる患者様は、話を聞いてもらえなかったとか、
術者が自分の思うようなデザインにして
患者様の希望を聞いてくれなかったという
訴えをよくされています。

 

また、二重の幅を広くしたいと言われ、
言われるままに手術をして幅が広すぎたり
眠そうな目になってトラブルになるケースもあります。
ご本人は魅力的な目元にするためには
単に二重の幅を広げれば良いと思っていただけという
ケースもあり、患者様のお話をしっかりと聞いて、
実は二重の幅を広げたいのではなく
魅力的な目元にしたいのだと医師が気づくだけの
カウンセリング能力が必要です。
それに気づけば、二重の幅ではなく目ヂカラを
つけることであったり、目頭切開などで
目を大きくすることで全体のバランスを
良くすることを提案したり出来ます。

 

このように患者様の言われるままに手術するのでなく、
患者様の潜在的な希望を模索しながらお話をしないと
良い結果にならなかったりする場合などもあるのです。

 

Q.永久先生は、福祉活動にも力を入れておられますが、
福祉活動を行われようと思ったきっかけはございますか?

 

A.昔から、人のために何かをさせて頂くことが好きでした。
医学生時代、講義で誰か道端で倒れていたら
知らん顔して通り過ぎろ、医者は道具を持っていなければ
何もできないのだからと言った講師がいました。
頭の良い冷徹な人が言い出しそうなことですが、
私は道でうずくまっている人がいれば
放っておけず看病してしまいます。

 

ハワイ大学に勉強に行った時、行きの飛行機で
急病人が発生した時も知らん顔ができず、
医師の呼び出しに応じました。
後から航空会社からお礼状が来ましたが、
困っている人がいらっしゃったら放っておけません。

 

福祉活動は昔から好きで行っており、日本赤十字社や
ユニセフ、盲導犬協会をはじめ、様々な活動に
縁があるごとに協力させていただいています。

 

しかし、本質的な部分では、今行っている
美容整形の仕事自体が、一種の福祉活動で
あるべきだと思っています。
私は、お金を稼ぐことを第一目的にして
仕事を行っているわけでありません。
仕事を通して社会に貢献することが、
一番の福祉活動であると考えています。

 

ボランティア活動をされておられる中には、
自分が給料をもらっている仕事はいい加減にしたり
ほったらかしにして熱心にボランティア活動を
されている方がいらっしゃいます。
自分の本業で他人に迷惑をかけて、
ボランティア活動していては本末転倒です。
まず自分の本業でしっかりと社会に貢献する。
それが福祉活動の第一歩になるのではないでしょうか。

 

Q.休日の過ごし方を教えて下さい。

 

A.休日は、読書や勉強をしています。
勉強に関しては、医療関係はもちろんですが、
医療以外のことも常に勉強し、本業に
活かせることがないかを常に考えています。
幼い頃から、自分が興味のあることには
とことん没頭してしまう性格なのです(笑)
また、昔から音楽や絵画などが好きなので、
芸術鑑賞をしております。

 

Q.芸術がお好きということもあり、内装も
他の医院にはない雰囲気を感じますが、
なにかこだわりはあるのでしょうか?

 

A.内装はすごくこだわりました。
私が参考にしたのが、14~16世紀の
イタリアのルネッサンス期の美術です。
美を代表するルネッサンス期のコンセプトに
色彩心理学を加え、いかに患者様がリラックス出来る
空間をつくれるかということを第一に考えました。
当院受付には、100年以上前に作られた聖母子の版画があります。
見事な構図と色使いに一目ぼれして即決で購入したものです。
患者様の美意識を高めるのにもお役に立つと思いますので
当院にお越しになられた際には、ぜひ見て頂ければと思います。

 

Q.読者の方へメッセージはございますか

 

A.患者様には2つのタイプがあると思っております。
1つ目は「値段」で選ばれる方、2つ目は「質」で選ばれる方です。
私は、質で選ばれる方に来ていただきたいと思っております。
確かに美容整形の治療は安いものではありませんが、
大切なご自身のお顔やお身体のことを
値段で決めてしまって良いのでしょうか?
値段で手術を決めようとされたり、カウンセリングや
手術の約束の時間を守ってもらえなかったり、
安易にご予約の変更を繰り返す患者様はお断りしています。
そんないい加減な気持ちでご来院されても
良い結果にならないからです。
患者様ご自身が一生付き合っていかなければ
いけないご自身の顔、身体です。
ご来院されるのであれば、本気でご来院して下さい。
私は、おひとりおひとりに本気で対応させていただいております。
カウンセリングの際は、話を盛って話したり、
営業トークは一切しておりません。
できること、できないことをしっかりとお伝えしています。
リスクも話した上で患者様に最終的に
どうするのか判断していただいております。
当院で手術をお受けになられた患者様の満足度は
高いですが、それは高い技術だけあっても
成り立つものではございません。
患者様の真剣な気持ちと術者の確かな技術、
お互いの真摯に治療に取り組む協力体制があって
初めて成り立つものなのです。

 

 

編集後記
物腰が柔らかく、一つ一つの事柄やお話を
丁重に話して頂ける先生だというのが第一印象です。
お話を伺うにつれ、実直さはもとより、
技術に対する自信がそのお話ぶりからも覗き、
良くないものは良くないとはっきりと仰る姿に、
ドクターとしての矜持を感じられました。
プライベートでも読書や勉強に時間を割き、
趣味である芸術鑑賞を生かしたクリニックの
内装をご覧になれば、永久先生がいかに繊細で、
美への探究心が強いことが理解できると思います。
患者様がカウンセリングにいらっしゃっても、
真摯に、時間をかけて、お話を聞いてくださることは
間違いないため、是非お勧めしたいドクターです。

 

FACE

ボディデザイン

アンチエイジング

スキンケア・注入

男性向け美容診療

その他

モニター募集

業者の方へ

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニック