東京都豊島区目白 ポセンシアクリニック 美容整形,目頭切開,埋没法,埋没法の抜糸

ポセンシアクリニック-自然に、美しく-
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
 

ゴッドハンドとは何か

公開日:2021.03.16

先日、患者様から「ゴッドハンドの先生と出会えて良かったです」と言っていただきました。
当院では、患者様から感謝のメッセージを数多くいただいています。
今回は私が手術をするにあたって気をつけていることを2点記載させていただきます。

・患者様からのフィードバックを大切にする
他のドクターとの一番大きな違いだと思います。
医師であれば、いかに教科書に忠実に手術を行うかや理論的に正しく行うかに努力してご自身を名医と思う方は数多くいらっしゃいます。

理論的に正しければ、患者様がご満足されていなかったり、良い結果にならなくても、自分(医師)が間違っているのでなく、患者様の体質や感じていることが悪いことにできます。

実際、患者様の体質でどうにもならなかったり、そこまで細かいことは気にし過ぎだろうと思うケースも多々ございますが、患者様がご納得されていないことがあればその事実は受けとめて、次回以降の手術で気をつけられることがあれば気をつけています。

そうやって他のドクターより普段から気をつけて手術を行っているし、患者様から術前に気になることがあればその部分は特に気をつけて手術を行うようにしています。

このようにして普段から気をつけて手術を行っていれば、必然的に患者満足度は高くなっていきます。
患者様がおっしゃるご不満を軽んじているドクターが少なくない印象を受けています。
他院でそのような思いをしてきた患者様からは特に喜んでいただいています。

・手術に慣れてはいけない。常に上達を心掛ける
これまで何万件の手術をしてきたと自慢げに書いている先生がいらっしゃいますが、そのドクターの勤務年数で計算すると、1件の手術が5分や10分程度で終わっていることになる場合があります。
そんな雑な手術を数多く繰り返しても決して上達することはありません。

1件1件の手術を丁寧に行うことを日々繰り返していくことで少しずつ技術は上達していきます。
手術のような手作業の技術は急にうまくなることはできません。長時間トレーニングを続けていくことで身についていくものです。
私の手術を見学に来られた若い先生には、自分は1件1件の手術を大切に行っているが、日々の業務で忙しくてとてもそんなことができないというなら、せめて1日1件だけでも良いから丁寧に大切に手術をするようにして下さいとお伝えすることがあります。

世間では、「1日でできる~」とか「3日でマスターする~」など手っ取り早く習得できるものがもてはやされてしまいがちですが、所詮、そのような技術しか身につけていなければすぐに他から追いつかれ、追い抜かれてしまいます。

自分がコツコツと毎日積み上げていき、それが10年20年と経っていけば、決して簡単に他人からは追いつかれない技術を身につけることができます。

私は今でも自分が上達したいと思って、毎日手術をしています。
そうして頑張っていると、肉体的にも精神的にも負担がありますが、少しずつ少しずつ技術は上達していきます。
自分はうまいと思って慢心してしまうと、そこで技術は止まってしまいます。

以上、私が普段から心がけている手術上達法です。

カテゴリー:

 

 

 

 

 

 

 

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック