東京都豊島区目白 ポセンシアクリニック 美容整形,目頭切開,埋没法,埋没法の抜糸

ポセンシアクリニック-自然に、美しく-
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
 

強力な静脈麻酔 ケタミン(ケタラール)

公開日:2019.07.17

何度もリピートして下さっている20代の患者様が、昨日は法令線、頬、こめかみ、上唇のヒアルロン酸注入と口元(口角挙上)のボトックス注入をご希望でご来院されました。

これまでヒアルロン酸注入やボトックス注入以外にも、二重全切開法や鼻の鼻尖縮小術や鼻翼縮小術などいろんな手術を受けていただいています。

この患者様は痛みにすごく敏感で、とても痛みに弱い患者様でした。
ちょっと麻酔しただけでも痛いと大騒ぎになってしまうので、毎回、とても時間をかけてゆっくりと麻酔をしていましたが、この春に特別な資格を取り、普通の医師が使えないもっと強力な麻酔も使えるようになりました。

資格を取る時に真っ先に思い浮かべたのがこの患者様で、この資格でケタミン(ケタラール)が使えるようになったら、痛みがかなり楽になるだろうと思いました。

ケタミンは痛みが取れるお薬ですが、意識は残ったままになります。
ケタミンはプロポフォールと併用されることも多いです。
プロポフォールで意識がなくなって眠りますが痛みは取れません。
ケタミンは痛みは取れますが意識はなくならないので、相補関係にあり、それらを併用することで痛みもなくなり、意識もなくなり、楽に手術が受けられるようになります。

しかし、今回は注入後ミラーチェックを行わないといけないので、ケタミンのみの使用で手術を行いました。
患者様は痛みをほとんど感じることなく、手術ができました。
特に唇は痛みに敏感な場所ですが、楽に注入を受けられたようで良かったです。

手術が終わると、口のボトックス注入や法令線にヒアルロン酸注入をしていないのではないのですかと言われましたが、痛みがないので、ご本人が注入されたことに気付かないだけでした。
それくらい、痛みが楽になります。
ケタミンを注入すると意識はなくなりませんが、しばらくぼ~っとするので、少し麻酔が覚めてからミラーチェックを行いました。

これからも痛みに敏感な患者様にケタミンを使っていきますので、ご希望の方はお申し付けください。

カテゴリー:

 

 

 

 

 

 

 

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック