東京都豊島区目白 ポセンシアクリニック 美容整形,目頭切開,埋没法,埋没法の抜糸

ポセンシアクリニック-自然に、美しく-
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
 

目頭切開のトリミング

公開日:2021.07.15

切開法では、皮膚が少し余ることがあり、微調整で少し切り取るとスッキリとすることがあります。
専門用語でトリミングと言われますが、トリミングをやりすぎると傷跡がどんどん長くなるので、適度なトリミングが必要です。

目頭切開のZ法やミニZ法では、Z状に皮膚を切開して皮膚を移動させるのでその術式の特徴として、皮膚に少し歪みが出る場合があり、その調整にトリミングを行った方が良いことがありますが、滑らかさを優先するのか、傷跡が少ないことを優先するのか、判断が難しいことがあります。

そのためにも、当院の目頭切開ではミラーチェックをいただいています。
今回は福岡からご来院いただきました。
術中だけでなく、縫合が終わった術直後もミラーチェックでご確認いただいていますが、鏡を見て、目頭の皮膚のもたつきが気になるとおっしゃいました。
ご本人が気にされている場合は、なるべくご希望に近づけたいので、トリミングを行いました。
ミニZ法はその名の通り、Z状にジグザクに切開しますが、そこにトリミングを加えると切開線はZ状ではなくなるので、何法か分からなくなってしまいます。

当院では、Z法だからZ状にしか切らないというのでなく、患者様の状態に合わせて、十何に対応しています。
可能な範囲でできる限り調整しているので、気になることがあればまずはお伝え下さい。
調整できるものはしっかりと調整し、それ以上難しい場合は難しいことをお伝えしています。

この患者様からお心遣いをいただきました。
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック