東京都豊島区目白 ポセンシアクリニック 美容整形,目頭切開,埋没法,埋没法の抜糸

ポセンシアクリニック-自然に、美しく-
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
 

埋没式眼瞼下垂はうまく上がらないことがあります

公開日:2017.07.31

昨日は、埋没式眼瞼下垂の手術を行いました。
先日、以前埋没法の抜糸後、切開法で幅を狭くする手術をした患者様から電話がかかってきました。
眼瞼下垂の症状があるので幅を狭くして欲しいという依頼でした。
前回、腫れを少なくしたいということでプレミアムコースで患者様は手術を受けられているので、プレミアムコースの特典として、術後の電話相談にも私が応じました。

通常電話相談は受け付けておらず、どうしても相談したいという患者様には有料で対応していますが、プレミアムコースで手術をお受けになられた場合、このように術後の電話相談にも応じていますので、心配性の方や遠方にお住まいで簡単に検診に来れないという患者様はプレミアムコースで手術を受けられることをお勧めしています。

前回の手術をして1ヶ月も経っていないので、とりあえず術後3ヶ月まで様子をみましょうとお伝えしました。
術後1ヶ月では腫れのため眼瞼下垂が起こっていることもあります。
多少の眼瞼下垂は術後3ヶ月で治っていることが多いので、様子を見た方が良いのです。

しかし、患者様はどういったわけかすぐに手術をしたいと言って引き下がりませんでした。
今、あいまいな状態で手術をしても良い結果になるかどうか分からないので待った方が良いと何度お伝えしても、すぐに手術をしたいとおっしゃるので、どうしても手術を行うなら、埋没式眼瞼下垂でやらせて欲しい、ただし、うまくいくかどうか分からないし、うまくいったように見えても腫れが落ち着いてくると状態が変わってくることがあるので、結果に責任は持てない、ただし、埋没式で行うので、最悪抜糸を行えば修正は可能になることをお伝えして手術を引き受けました。

手術の前にもう一度注意事項を説明して、手術に取り掛かりました。
まだ腫れが残っているせいなのか、もともとの体質のせいなのか、糸を入れてもまぶたが引きあがってくれません。

埋没式眼瞼下垂は通常1本か2本の糸でやることが多く、今回は2本の糸を入れましたがまぶたが上がってくれません。
3本目を入れて補強してみてもあまり変わらず、4本目をかなりしっかりと入れてみたのですが、腫れのせいなのかまぶたが下がってきます。

4本入れても良い結果にならないので、私は負けを認めました。
患者様に鏡を見てもらい、今の状況を説明しました。

腫れのせいなのか、もともとの体質なのかまぶたは開いていません。
腫れのせいなら慣れが落ち着いたら開いてきます。
このまま糸が入った状態で様子を見ていただくか、いったん糸を抜糸してクリアな状態にして腫れが落ち着いたら切開式で眼瞼下垂の手術をやり直すか、どちらにするかお聞きしました。
患者様は迷われて、「自分では判断できません」とおっしゃいました。
正直な意見です。

通常は、糸を入れたまま待っていた方が良いです。
腫れが落ち着いたら良い結果になるかもしれないし、良い結果にならなかったらやり直せば良いからです。

しかし、この患者様の場合、前回も3ヶ月間待つことができなかったし、今もまぶたが重いとか、ぼやけるとか不快感を訴えています。

患者様の性格や訴えからすぐに抜糸をした方が良いと判断し、抜糸を行いました。
抜糸を行うと患者様の不快感は消えたので、抜糸して正解だったと思います。

後日、切開式の眼瞼下垂の手術を今回払っていただいた手術費用を差し引いて差額で行うことを再度伝えて手術を終えました。

患者様と信頼関係があったことと、前もって今回は前回の手術から時間が経っていないのでうまくいかない可能性があること、またカウンセリングでも埋没式眼瞼下垂はうまくまぶたが上がらないことがあり、その場合は差額で切開式眼瞼下垂の手術を行うことを伝えていたので、患者様もご納得いただきましたが、患者様によっては前もってどれだけ説明していても、自分の納得する結果にならなかったらねじ込んで来られる患者様がいらっしゃいます。
この患者様がしっかりとされ、性格も良く、理解していただいたので、スムーズに次のステップへと進むことができました。

今回も素敵なプレゼントをいただきました。
いつもお心遣い有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック